スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国アマゾンで amazon kindle を予約しました
2009年10月15日 (木) | 編集 |
最近、日本のアマゾンのトップページに「amazon Kindle」のこんな広告が掲載されています。

amazon_20091015101646.jpg

amazon Kindle はワイヤレス電子ブックリーダーです。紙の本ではなく、一種の小型&薄型コンピュータ。この上に表示された本を読むものです。

これまで米国内でしか販売されていなかったのですが、今月から世界向けに出荷が始まるとのことで、予約販売が始まりました。




ただし、米国アマゾンからのみで日本のアマゾンでは販売しないそうです。
日本へは送料込みで大体、3万円くらい。

Kindle にはずっと興味を持っていたのですが、売ってくれないものは仕方ない・・・と思っていたので、これは朗報。

ただ、よく説明を読むと、対応する電子ブックは英語の書籍のみ、Kindle本体(と、たぶん電子ブックも)の販売は米国アマゾンからのみ、と、日本のアマゾンは広告表示以外はまったく関わっていない様子。

もしKindleが故障でもしたら、修理対応はかなり面倒なことになりそう。

しかも、Kindle の大きな利点は携帯電話と同じように街中でアマゾンに接続、電子ブックをダウンロードできることなのですが(3G接続とのこと)、米国内では無料のこの無線サービス、日本を含む海外では、無線サービスは無料です、と言いつつ、電子ブックの価格に米国外ユーザーには上乗せ料金(日本は1冊あたり2米ドルの模様)が加算されているので、これで通信料相当額を回収するみたい。

日本でも全国で通信可能なので(アマゾンのカバー地域図)、どこでも電子ブックがダウンロード購入できて、便利なことは間違いないですが。

米国ユーザーが米国内で通信エリア外にいたり、海外滞在の場合は、PCにダウンロード後にUSBでkindle に転送できる「Transfer via computer」オプションを購入時に選択できるのですが、今、私がログインしている米国アマゾンの画面には、このオプションが表示されません。

米国ユーザーが海外でダウンロード購入する際には、International fee 1.99ドルがかかるので、海外ユーザーはこの International fee 必須、とも考えられますね。米国アマゾンは通信会社の AT&T と組んで、米国外での無線ダウンロードを実現したと先日読んだネット記事にあったので、その契約上、こうなっているのかもしれません。

こんなふうに、米国アマゾンでしか買えないとか、契約不要・通信料無料といいながら加算されてるじゃんとか(契約はいらないけど)、日本語の書籍はないとか、欠点もありますが、英語を勉強しながら英語の本や雑誌、新聞が読みたい私には、とても魅力的!

(でも米国外での新聞ダウンロードでは写真や画像は配信されないとのこと。通信料がかかり過ぎるんでしょうね・・・)

Kindle は電子インクペーパー技術を採用していて、表示にバックライトを使わないので、目にやさしいというのもポイント。

充電も週に1回程度でよいそうだし、1500冊以上の本を収納できて、重さも300グラム未満。

でも、結局、一番のポイントは電子ブックは安いこと(必ずしも紙の本より安いとは限りません。複数の版元から出ているとき、特にマスマーケット本が出ている場合は、紙のほうが安いことがあります)。

安く英語の本が買える、しかもすぐ手元に届く(60秒以内にダウンロードできるとのうたい文句です)のは、英語学習者にはいいですよね。

さらに、古い名作はたったの2ドル(つまり通信料のみ。米国内では無料)でダウンロードできます。

著作権フリーの古い本を集めているので知らない本が多いのですが、たとえば、不思議の国のアリスとか、トムソーヤとか、英国首相チャーチルの何とかとか、ジャック・ロンドンの白い牙とかもあって、タイトルをながめるだけでも楽しい。

最初の数ページは無料でダウンロードして試し読みもできます(できるはず)。

結局、「また三日坊主じゃないの」という家族の声を無視して、pre-orderのボタンをクリックしてしまいました。

ああ、期待が高まるなぁ・・・

10月下旬に届くはずの amazon kindle。

届いたらまた、記事を書きますね。

もっと詳しいことはこちらへ。

日本のアマゾン(トップページにKindleの広告あり)

米国アマゾン(購入はこちらから)



スポンサーサイト
テーマ: 英語・英会話学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。