スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ大統領選の候補者演説をYouTubeで聞く~ヒラリー・クリントンの医療政策
2007年10月19日 (金) | 編集 |

YouTubeって英語の勉強にはとっても便利ですね。今さらですみません。すごいです。真剣に利用したら、メキメキ上達しそうな予感。。。


アメリカは来年大統領選挙があるので、各候補者の政策分野別演説がYouTubeに掲載されています。


これは民主党のヒラリー・クリントン候補の子供向け医療政策。2分10秒と短いので、すぐ聞けます。


政治家は、話をきいてもらうのが商売ですから、とても聞き取りやすいです。



HillCast: Children's Health Care


Hillary introduced the Children's Health First Act to make quality, affordable health care coverage available to every child in America.



 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
別記事ですが、お返事ありがとうございました。私はRの方が断然苦手なので(あぁ~)、なんとかもっともっと読まないと考えています。

YouTubeはにはけっこうどっぷりと浸かっています。以前はよく聞き取れなかったお気に入りVideoが次第に聞き取れるようになってきているのを感じれる時は、TOEICの成績とはちょっと別次元で、とても喜びを感じます。

ヒラリーさんは、滑舌がほんといによくて、聞いていて心地がいいす。支持者に底辺の人が多いこともあってでしょうが、丁寧にゆっくりとシンプルに話すので、聞き取りやすいですね。

これに対して、旦那の方は、見た目とは対照的に、くぐもった感じで聞きにくい。

元副大統領のゴアさんも、明瞭に低音でゆっり話すので、聞き取りやすい部類だと思います。

オバマさんも聞きやすくて、内容が明晰で、お気入りです。

ブッシュさんは、甲高い一本調子で喋るので、好みじゃないですね。彼の政策の方がもっと嫌だけど。
2007/10/20(Sat) 00:35 | URL  | jun #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。