スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーディオブックで本1冊丸ごとリスニング
2006年12月21日 (木) | 編集 |
amazon の洋書コーナーで、「他のエディション」という項目にハードカバーやペーパーバックに混じって「オーディオブック」とか「CD」「カセット」という形態を見かけることがあります。

オーディオブックは、その名の通り、本を朗読した録音物です。アメリカは日本に比べて朗読文化が盛んと見え、ベストセラーを中心にオーディオブックがたくさん売られています。見かけは音楽CDのパッケージとよく似ています。作者みずから朗読していることも多いです。

オーディオブックのいいところは、元の本=スクリプトが必ず手に入ること。読んでから聞くもよし、聞いてから読むもよし、好きな作家や作品をピックアップして、リスニングの練習を兼ねて楽しんでください。値段もあまり高くないので、良い買い物だと思います。

ちなみに、商品の説明に Abridged とあるのは、録音用に短く編集しなおした抄訳を朗読したものです。それに対し、本の文章どおり完全に読んだものは Unabridged といいます(オーディオブックは数時間分あるのが普通です)。本とつき合わせて聞くと、Abridged では一部省略や言い換えがあるかもしれません。

私は英語を勉強して2年目のころ、後で紹介するインターネットのダウンロードサイトで、「ヘルシーキッチン」という健康料理や食べ物についてのエッセイを買って、テープに録音して聞いていました。この本は朗読スピードがゆっくりだったので聞きやすかったです。日本食がほめたたえられていて、アメリカ人の日本食に対するイメージはこうなのね、と思いながら聞いていました。


さて、オーディオブックを入手する方法ですが、大きく分けて2つ、(1)書店でCDやテープを買うか、(2)インターネットでダウンロード購入するか、です。前者はamazonがやはり便利、後者はいろいろサイトがあると思いますが、今日は老舗の audible.com を紹介します。

(1)書店でCDやテープを買う

紀伊国屋書店や丸善などの大きな洋書店でも売っていると思いますが、やはりamazonが便利。洋書コーナーで好きな本を探して、その本のページ中ほどにある「商品の詳細」から「他のエディション」を見てください。
ためしに、以前紹介した「くまのプーさん」を見てみましょう。下のリンクをクリックしてください。

Winnie-The-Pooh

ページ中ほどに「他のエディション」として、

「ハードカバー (Slipcase) | ペーパーバック | 図書館 | CD (Unabridged) | カセット | Perfect | - | すべてのエディション」

と並んでいます。さすがプーさん、たくさん種類がありますね。この中で「CD (Unabridged)」と「カセット」がオーディオブックです。

一番手に入りやすくて(私が見た時点では在庫あり)使いやすいのはCDでしょう。amazonのユーザーレビューによれば、Jim Broadbent さんというオスカー俳優さんが朗読している正統派イギリス英語だそうです。







Winnie-The-Pooh Winnie-The-Pooh
A. A. Milne (2003/09/30)
Harper Children's Audio
この商品の詳細を見る


「カセット」からのリンク先はなぜか他の朗読劇版になっていますが、Jim Broadbent さんの朗読テープはこちら→The Winnie-The-Pooh。価格はCDより少し安いので、カセットでもいいという方にはおすすめ。

なお、上の朗読劇版「カセット」はイギリスの俳優さんたちが録音していて、イギリスのamazonで見ると好意的なユーザーレビューがついているので、私はこっちにちょっと興味あるなぁ。。。CD版も出版されたようですが、今はイギリスのamazonでユーズドが販売されているのみの様子。

プーさんはなぁ・・・という方には(男性は特にかな)、こんなのはいかがでしょう。







How I Play Golf How I Play Golf
Tiger Woods (2001/10)
Time Warner AudioBooks

この商品の詳細を見る


(2)インターネットでダウンロード購入する

オーディオブックを PCやiPod などのデジタルオーディオ機器にインターネットからダウンロードして購入する方法です。今日は、紹介する audible.com は 1997 年創業の老舗?です。

audible.com http://www.audible.com

上のリンクをクリックすると、画面上に「Browse Audio」メニューがありますから、そこからオーディオブックを探してください。

audible.com の特徴は、その購読方法です。1冊ずつ購入するほかに、月ぎめで利用料を支払うと割引価格で毎月1、2冊購入できる monthly プログラムがあります。車社会のアメリカでは、車通勤の行き帰りに頻繁に聞きたいという需要があるようです。

もちろん、1冊ずつ買うこともできますし、試聴もできます。試聴だけであちこちホッピングするだけでも楽しそう。

ダウンロードするときは、容量によって音質を選べます。私は時間はかかっても最高音質でダウンロードしていましたが、好みとインターネットの回線速度で選んでください。
スポンサーサイト
テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
 ぺんぎんかんさん、こんばんは。ガッツです^^
 いつも内容の濃い記事で参考になります!
 
 CDに2種類あるんですね!
 知りませんでした。
  
 実は、今年、シドニーシェルダンの
the sky is falling
 のオーディオブックを買ったのですが、時々、飛んで(省略)しまい、どこの箇所を朗読しているのか分からなくなる時がありました。
 
 今後は、unabridgedかどうかも、気を付けたいです。
2006/12/22(Fri) 22:06 | URL  | ガッツ #-[ 編集]
コメントありがとうございます
ガッツさん、こんばんは。コメントありがとうございます。ガッツさんが買われたオーディオブックはきっと abridged だったのでしょうね。

英語の勉強のために買う側としてはそのまま読んでくれた方がありがたいですが、本とオーディオブックは別々の作品ということなのかな、と思っています。
2006/12/23(Sat) 00:53 | URL  | ぺんぎんかん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。