スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マーク・ピーターセン 「日本人の英語」(岩波新書) - 読んで損はない本
2006年11月15日 (水) | 編集 |
今回は英語勉強界(?)では有名と思われる本の紹介です。


日本人の英語 日本人の英語
マーク ピーターセン (1988/04)
岩波書店

この商品の詳細を見る


1988年初版なのでもう20年近く前の本ですがまだ売れ続けているのは、いまだにここに書かれていることにつまづく英語学習者が多いということなのでしょう。

冠詞や前置詞、時制など、学校で習ったけれどしっかり理解できたとはなかなか思えない事柄について、例を挙げながら説明しています。

私は英語の勉強を始めてしばらくした頃に読みました。この本や他のいくつかの本のおかげで、冠詞の a, an, the, そして無冠詞の理解度はだいぶ上がったように思います。

著者のピーターセン氏はアメリカの大学院で近代日本文学を専攻した後に来日し、現在は明治大学政治経済学部の教授です。比較文学・文化の研究が専門なので、日本語と英語の違いに悩む日本人のポイントがわかるのかもしれません。

たくさん売れている本なので、アマゾンのマーケットプレイス(中古本)では100円以下で売られています(2006年11月14日現在)。送料(340円)を払っても新本より安いので、検討の価値あり。--->> アマゾンのマーケットプレイスに出品されている「日本人の英語」のリスト

★★★お知らせ★★★また今度いらっしゃるときの目印にお気に入りにご登録ください★★★
こちらにも英語ブログがいろいろあります。
にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記
スポンサーサイト
テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。