スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三日坊主編:句動詞・熟語の問題集「The Ultimate Phrasal Verb Book」
2006年11月11日 (土) | 編集 |
いつもいい話ばかりでもつまらないので、今回はザセツした本を紹介します。

この本は句動詞、つまり動詞と前置詞や副詞の組み合わせによる熟語を覚えるためのドリルです。アマゾンで評判が良いのを見て、英語の勉強を始めた年に買いました。

The Ultimate Phrasal Verb Book The Ultimate Phrasal Verb Book
Carl W. Hart (1999/09)
Barrons Educational Series Inc

この商品の詳細を見る


洋書の問題集は時々、とても分厚いことがありますが、これもそういう本です。
アマゾンのレビューでそれは知っていたのですが、届いたときはちょっとびっくり。でも、逆にさぁ、やるぞぉーとがんばって始めました。

・・・が、数日でザセツ。

内容は悪くないと思うのですが、ザセツした理由を考えてみると、

1) 持ち歩きに不便

私は家でじっと勉強するのが苦手で、カフェに行ったり、アテネ・フランセに通っていた頃だったら学生ホールに居残りしたり、電車の中で見たり、いろいろなところで勉強します。
この本は重いし、かばんを占領してしまうので、そういう点で不便。

2) 少々単調

どんなドリルでもドリルである以上仕方がないのですが、しばらくやっていると飽きてきます。

3) 覚えた気になかなかなれない

私の場合だけかもしれないけれど、定着率が今ひとつでした。日記を書くとか、誰かと話すとか、使う機会を自分で作らないといけないんでしょうね。



とはいえ、この問題集を買う方がみんなそうであるように、句動詞を覚えたいという気持ちはあるんですよね。中学や高校時代に覚えた句動詞、たとえば look forward to や think about はどうして覚えられたんだろう、と思うことしきりです。若かったということかなぁ・・・。

アマゾンのレビューでは、良い本だという意見と自分には今ひとつという意見と両方あります。そんなに高価ではないので(1800円くらい)、まずは挑戦、というのも一つの方法かもしれません。


私の場合は今のところ、本や雑誌を読んで文脈の中で句動詞を覚えることくらいしかないようです。印象的なシーンに使われたフレーズは結構頭に残ります。また、そういう話も近いうちに書こうと思います。




★★★お知らせ★★★また今度いらっしゃるときの目印にお気に入りにご登録ください★★★
こちらにも英語ブログがいろいろあります。 にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記
スポンサーサイト
テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
コメントいただきありがとうございました。

TOEIC930すごいですね。いまだにテストを受ける決意さえ
できない僕には雲の上の世界です(笑)
でも、ちゃっかりと記事は参考にさせてもらいます。

大きい教材はやはり不便ですね。すごく共感します。
そういえば「Emil and the Detectives」は最初のころに
読んだペーバーバックでした。イラストが好きで今でも
持ってます。
(記事中のどちらとも違う黄ベタの表紙です。)

それでは、また遊びに伺わせてもらいます。
2006/11/11(Sat) 23:00 | URL  | listner-x #r7OaAMdA[ 編集]
来ていただいてありがとうございます
listner-x さん、来ていただいてありがとうございます。

「エミールと探偵たち」は、今でも岩波少年文庫とここにのせたペーパーバックと両方、本棚のすぐ手に取れる位置に鎮座しています。

イラスト、いいですよね。最初の登場人物紹介とか。

ぜひ、またいらしてください。楽しみにしています。私もお邪魔します。
2006/11/12(Sun) 10:56 | URL  | ぺんぎんかん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。