スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kindle キンドルが届きました。画像有り。
2009年10月29日 (木) | 編集 |
先日、アマゾン amazon の電子ブックリーダー Kindle キンドルをアメリカのアマゾンに注文した、と書きましたが、先週の木曜日 22日に到着しました。

さっそく、使っています!

まずは到着時の画像から。
DSCF4490_1.jpg

こんなカンジで、箱に入って届きます。

配送業者は国際宅配便のUPSで、国内でクロネコヤマトが配達してくれます。

今回、輸入関税はゼロ円でした♪

米国アマゾンの kindle 掲示板を見ると、ドイツでは数千円の関税がかかっている模様・・・

日本の税関、ありがとう!



箱を開けると、こんなカンジ。

DSCF4492.jpg

画面のアップ。

DSCF4493.jpg

最初の操作説明のための、画像が表示されているので、あれ?電源が入っているの?と思った方がいるのでは。

いいえ、もちろん、電源は入っておりません。

kindleは、電子インクを使って画面表示をするので、電気は「画面の書き換え」に使用するのであって、「画面の表示維持」には必要ない・・・ということだと、思います。

たぶん。

ぜんぜん、電気を使わないのかどうかは、わかりません。



kindle 本体を取り出すと、下には、簡単な説明書と電源コード。

DSCF4495.jpg

充電用の電源コードは100-240V対応、プラグの形はアメリカと日本は同じなので(初めて知りました)、そのまま使えます。ラッキー。

ACアダプタはとても小さくて軽く、気軽に持ち歩けます。

USBからのPC経由の充電は時間がかかるので(直接コンセントに差すより、流れる電気の量は少ないですから)、電源コンセントがある場所では、ACアダプタからの充電をおすすめ。

DSCF4501.jpg



こちらは充電を始めると最初に出る初期画面。

上の操作説明画面にあるように、まずはコードを差して、本体上部のスライドスイッチで電源オン。充電します。

DSCF4496.jpg


そして、ついに、おお~

ウェルカム画面登場。


DSCF4498.jpg


この後、充電完了までは1時間程度だったと思います。

22日の午前に届いて、午後には持って外出、さっそく使えたもの♪

NewYork Times, Washington Post, The Daily Telegraph, Forbes, Time など、いろいろ英語の新聞、雑誌をお試し購読してみました☆

もちろん、本もいくつかサンプル版をダウンロードしたり、購入しましたよ。

次回はその あたりを載せます。

スポンサーサイト
テーマ: 英語・英会話学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。