スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アテネフランセ、ランゲージエクスチェンジ、オーディオブック、洋書、海外雑誌
2008年04月29日 (火) | 編集 |
このサイトに来て下さる方の検索キーワードをみると、

・アテネフランセ
・ランゲージ・エクスチェンジ
・オーディオブック
・洋書
・海外の雑誌、洋雑誌

に興味がある方が多いようです。

今日は、そんな方々にあらためて、私が今、知っていること、役に立ちそうな情報をお知らせします。


1)アテネフランセ

私が通っていたのは、2001年、2003年、2004年なので今とは先生がかなり違います。
アテネのサイトをみると、私が教えていただいた先生で今でもいらっしゃるのは、マクワガ先生、松田先生、根本先生、ブローガン先生、ハンナ先生。

この方々はどなたもオススメです。
でも、教えていただいたのはずいぶん前ですし、それぞれ、個性豊かな先生方。
ぜひ、自分の目で見て、授業を受けて、確かめて下さい。

アテネフランセは授業料が安い上に、1か月、3か月と短期で受講可能です。
もし先生や雰囲気が合わなければ、他のクラスに変わったり、他の学校に変わればいいのでは、と思います。

あぁ、リナスのサンドイッチが食べたいなぁ・・・


2)ランゲージ・エクスチェンジ

詳しくは、以前の記事、「ランゲージ・エクスチェンジ - 無料で英語を教えてもらう?」をご覧下さい。

かなり詳しく書いたつもりです。

長続きは難しいけど、チャレンジしてみるのはイイ経験ですよ、でも気をつけてね、というカンジかな。

3)オーディオブック

これも結構詳しく書きましたので過去の記事(←左側のメニューからどうぞ)をご覧下さい。

なお、オーディオブックは、「ブック」とありますが、通常、本は別売りです。(セットものもあります)

何を聴けば=買えばいいか悩む方は、

「内容を知っている本」

がおすすめです。

わからない話を英語できくことくらい、ツライことはありません。
かといって、話を知っているからってスラスラわかるなんてことも、大丈夫、ありません。

話を知っているオーディオブックは、ちゃんと勉強の役に立ちます。

こちらのリンクは、アマゾンのオーディオブックのベストセラーです。

本の説明文を見ると、翻訳書(日本語)の書名も見当がつくと思います。
題名で検索しなおせば、オーディオブックの元になった、洋書の方も出てくるでしょう。

オーディオブックのベストセラー(amazon)

今日のリストでは、ベストセラーのトップは「Who Moved My Cheese?(チーズはどこへ行った)」、続いて、7つの習慣、金持ち父さん貧乏父さん、赤毛のアンなどなど。

では続きはまた。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。