スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年ぶりのTOEICは965でした
2017年01月24日 (火) | 編集 |
前回記事からさらに2年以上経っております。
もうすぐ51歳です。

このブログを始めてから10年ちょっと。
英語の勉強を始めた35歳からは、
なんと16年近く、たちました。

英語を使うパート事務は続いていますが、
更年期にほんろうされるここ1、2年。
ずっと続けていた英語教室も、
ついにお休み中です。

それでも、昨年は週に1回ほど、
英会話をライブで使う機会があったので、
今のうちなら、なんとかなるかもと思い立って。

このブログを書くきっかけとなった
スコア930の前回、2006年受験から、
なんと10年ぶりに!
昨年9月末、TOEICを受験しました。

新テストになったという話でしたしね。
仕事の更新時に提出する履歴書に、
930(2006年)
と書くのがだんだんつらくなってきたので・・・

公式問題集を買って、
事前に1回自宅でやってみましたが、
量の多さと時間のきつさにぐったり。

それでも、850から900くらい
と出たので、少し安心。

当日は、周りの受験生の若さに圧倒されながら
楽しく受験・・・と書きたいところですが、

リスニングは
集中力を切らさないようにするのが
本当に大変!

リーディングは、
とにかく量が多い!
なんだ、この文章の量!

全部読んでたら終わらない!
でも斜め読みでも読まないと、
流れがわからない!

判断に迷って飛ばした数問に戻って
マークするのが最後の2分間くらいで、

焦りすぎないように頭を落ち着けようと、
最後の集中力を振り絞って、
体力使った。。。
へとへと。

今回も、リスニングの方が不安で
(私は語彙が少なく、聞こえた断片から
流れで把握するタイプです)

リーディングは、何とかなるかな
という感じでした。

1か月後に来た結果は、

リスニング 480
リーディング 485

トータルスコア 965

おおぉ!
これで、また数年は履歴書に書ける!
受験料を払った甲斐があった!
(笑)

詳細は、

<リスニング>
短い会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる 88
長めの会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる 90
短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる 93
長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる 94
フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる 73

<リーディング>
文書の中の情報をもとに推測できる 100
文書の中の具体的な情報を見つけて理解できる 100
ひとつの文書の中でまたは複数の文書間でちりばめられた情報を関連付けることができる 100
語彙が理解できる 92
文法が理解できる 95

自分の特徴が、良く出ています(笑)

何はともあれ、久しぶりに受験して、
スコアが上がったのには
とっても満足!

せっかくなので、
ブログのタイトルもちょっと
変えてみました:-)

これからも、ぼちぼち英語の勉強を続けます。
スポンサーサイト
kindle キンドルが届きました。画像有り。
2009年10月29日 (木) | 編集 |
先日、アマゾン amazon の電子ブックリーダー Kindle キンドルをアメリカのアマゾンに注文した、と書きましたが、先週の木曜日 22日に到着しました。

さっそく、使っています!

まずは到着時の画像から。
DSCF4490_1.jpg

こんなカンジで、箱に入って届きます。

配送業者は国際宅配便のUPSで、国内でクロネコヤマトが配達してくれます。

今回、輸入関税はゼロ円でした♪

米国アマゾンの kindle 掲示板を見ると、ドイツでは数千円の関税がかかっている模様・・・

日本の税関、ありがとう!



箱を開けると、こんなカンジ。

DSCF4492.jpg

画面のアップ。

DSCF4493.jpg

最初の操作説明のための、画像が表示されているので、あれ?電源が入っているの?と思った方がいるのでは。

いいえ、もちろん、電源は入っておりません。

kindleは、電子インクを使って画面表示をするので、電気は「画面の書き換え」に使用するのであって、「画面の表示維持」には必要ない・・・ということだと、思います。

たぶん。

ぜんぜん、電気を使わないのかどうかは、わかりません。



kindle 本体を取り出すと、下には、簡単な説明書と電源コード。

DSCF4495.jpg

充電用の電源コードは100-240V対応、プラグの形はアメリカと日本は同じなので(初めて知りました)、そのまま使えます。ラッキー。

ACアダプタはとても小さくて軽く、気軽に持ち歩けます。

USBからのPC経由の充電は時間がかかるので(直接コンセントに差すより、流れる電気の量は少ないですから)、電源コンセントがある場所では、ACアダプタからの充電をおすすめ。

DSCF4501.jpg



こちらは充電を始めると最初に出る初期画面。

上の操作説明画面にあるように、まずはコードを差して、本体上部のスライドスイッチで電源オン。充電します。

DSCF4496.jpg


そして、ついに、おお~

ウェルカム画面登場。


DSCF4498.jpg


この後、充電完了までは1時間程度だったと思います。

22日の午前に届いて、午後には持って外出、さっそく使えたもの♪

NewYork Times, Washington Post, The Daily Telegraph, Forbes, Time など、いろいろ英語の新聞、雑誌をお試し購読してみました☆

もちろん、本もいくつかサンプル版をダウンロードしたり、購入しましたよ。

次回はその あたりを載せます。

テーマ: 英語・英会話学習
ジャンル:学校・教育
米国アマゾンで amazon kindle を予約しました
2009年10月15日 (木) | 編集 |
最近、日本のアマゾンのトップページに「amazon Kindle」のこんな広告が掲載されています。

amazon_20091015101646.jpg

amazon Kindle はワイヤレス電子ブックリーダーです。紙の本ではなく、一種の小型&薄型コンピュータ。この上に表示された本を読むものです。

これまで米国内でしか販売されていなかったのですが、今月から世界向けに出荷が始まるとのことで、予約販売が始まりました。




ただし、米国アマゾンからのみで日本のアマゾンでは販売しないそうです。
日本へは送料込みで大体、3万円くらい。

Kindle にはずっと興味を持っていたのですが、売ってくれないものは仕方ない・・・と思っていたので、これは朗報。

ただ、よく説明を読むと、対応する電子ブックは英語の書籍のみ、Kindle本体(と、たぶん電子ブックも)の販売は米国アマゾンからのみ、と、日本のアマゾンは広告表示以外はまったく関わっていない様子。

もしKindleが故障でもしたら、修理対応はかなり面倒なことになりそう。

しかも、Kindle の大きな利点は携帯電話と同じように街中でアマゾンに接続、電子ブックをダウンロードできることなのですが(3G接続とのこと)、米国内では無料のこの無線サービス、日本を含む海外では、無線サービスは無料です、と言いつつ、電子ブックの価格に米国外ユーザーには上乗せ料金(日本は1冊あたり2米ドルの模様)が加算されているので、これで通信料相当額を回収するみたい。

日本でも全国で通信可能なので(アマゾンのカバー地域図)、どこでも電子ブックがダウンロード購入できて、便利なことは間違いないですが。

米国ユーザーが米国内で通信エリア外にいたり、海外滞在の場合は、PCにダウンロード後にUSBでkindle に転送できる「Transfer via computer」オプションを購入時に選択できるのですが、今、私がログインしている米国アマゾンの画面には、このオプションが表示されません。

米国ユーザーが海外でダウンロード購入する際には、International fee 1.99ドルがかかるので、海外ユーザーはこの International fee 必須、とも考えられますね。米国アマゾンは通信会社の AT&T と組んで、米国外での無線ダウンロードを実現したと先日読んだネット記事にあったので、その契約上、こうなっているのかもしれません。

こんなふうに、米国アマゾンでしか買えないとか、契約不要・通信料無料といいながら加算されてるじゃんとか(契約はいらないけど)、日本語の書籍はないとか、欠点もありますが、英語を勉強しながら英語の本や雑誌、新聞が読みたい私には、とても魅力的!

(でも米国外での新聞ダウンロードでは写真や画像は配信されないとのこと。通信料がかかり過ぎるんでしょうね・・・)

Kindle は電子インクペーパー技術を採用していて、表示にバックライトを使わないので、目にやさしいというのもポイント。

充電も週に1回程度でよいそうだし、1500冊以上の本を収納できて、重さも300グラム未満。

でも、結局、一番のポイントは電子ブックは安いこと(必ずしも紙の本より安いとは限りません。複数の版元から出ているとき、特にマスマーケット本が出ている場合は、紙のほうが安いことがあります)。

安く英語の本が買える、しかもすぐ手元に届く(60秒以内にダウンロードできるとのうたい文句です)のは、英語学習者にはいいですよね。

さらに、古い名作はたったの2ドル(つまり通信料のみ。米国内では無料)でダウンロードできます。

著作権フリーの古い本を集めているので知らない本が多いのですが、たとえば、不思議の国のアリスとか、トムソーヤとか、英国首相チャーチルの何とかとか、ジャック・ロンドンの白い牙とかもあって、タイトルをながめるだけでも楽しい。

最初の数ページは無料でダウンロードして試し読みもできます(できるはず)。

結局、「また三日坊主じゃないの」という家族の声を無視して、pre-orderのボタンをクリックしてしまいました。

ああ、期待が高まるなぁ・・・

10月下旬に届くはずの amazon kindle。

届いたらまた、記事を書きますね。

もっと詳しいことはこちらへ。

日本のアマゾン(トップページにKindleの広告あり)

米国アマゾン(購入はこちらから)



テーマ: 英語・英会話学習
ジャンル:学校・教育
アテネフランセ、ランゲージエクスチェンジ、オーディオブック、洋書、海外雑誌
2008年04月29日 (火) | 編集 |
このサイトに来て下さる方の検索キーワードをみると、

・アテネフランセ
・ランゲージ・エクスチェンジ
・オーディオブック
・洋書
・海外の雑誌、洋雑誌

に興味がある方が多いようです。

今日は、そんな方々にあらためて、私が今、知っていること、役に立ちそうな情報をお知らせします。


1)アテネフランセ

私が通っていたのは、2001年、2003年、2004年なので今とは先生がかなり違います。
アテネのサイトをみると、私が教えていただいた先生で今でもいらっしゃるのは、マクワガ先生、松田先生、根本先生、ブローガン先生、ハンナ先生。

この方々はどなたもオススメです。
でも、教えていただいたのはずいぶん前ですし、それぞれ、個性豊かな先生方。
ぜひ、自分の目で見て、授業を受けて、確かめて下さい。

アテネフランセは授業料が安い上に、1か月、3か月と短期で受講可能です。
もし先生や雰囲気が合わなければ、他のクラスに変わったり、他の学校に変わればいいのでは、と思います。

あぁ、リナスのサンドイッチが食べたいなぁ・・・


2)ランゲージ・エクスチェンジ

詳しくは、以前の記事、「ランゲージ・エクスチェンジ - 無料で英語を教えてもらう?」をご覧下さい。

かなり詳しく書いたつもりです。

長続きは難しいけど、チャレンジしてみるのはイイ経験ですよ、でも気をつけてね、というカンジかな。

3)オーディオブック

これも結構詳しく書きましたので過去の記事(←左側のメニューからどうぞ)をご覧下さい。

なお、オーディオブックは、「ブック」とありますが、通常、本は別売りです。(セットものもあります)

何を聴けば=買えばいいか悩む方は、

「内容を知っている本」

がおすすめです。

わからない話を英語できくことくらい、ツライことはありません。
かといって、話を知っているからってスラスラわかるなんてことも、大丈夫、ありません。

話を知っているオーディオブックは、ちゃんと勉強の役に立ちます。

こちらのリンクは、アマゾンのオーディオブックのベストセラーです。

本の説明文を見ると、翻訳書(日本語)の書名も見当がつくと思います。
題名で検索しなおせば、オーディオブックの元になった、洋書の方も出てくるでしょう。

オーディオブックのベストセラー(amazon)

今日のリストでは、ベストセラーのトップは「Who Moved My Cheese?(チーズはどこへ行った)」、続いて、7つの習慣、金持ち父さん貧乏父さん、赤毛のアンなどなど。

では続きはまた。。。
ミセス向けアメリカ女性雑誌のエクステリア広告で英語を勉強
2008年04月03日 (木) | 編集 |
以前紹介した「Good Housekeeping」に一戸建てポーチ(デッキ)用日除けテントの広告が載っていました。

(こうして書いても想像がつきにくいと思うので、メーカーのサイトがこちらにあるので写真はこちらでどうぞ→http://www.sunsetter.com/

やはり以前書きましたが、広告の英語は短くてわかりやすい表現が多いので、オススメです。

"Deck and Patio Owners:"

「デッキ、パティオのオーナーさまへ」



"Outsmart the Weather!"

outsmart は英辞郎によれば、「~より知恵{ちえ}を使って勝つ、~を出し抜く、~の裏をかく」だそうです。
私は初めて見た単語。out+smartでなるほどね、というカンジです。


"With a SunSetter Retractable Awning, you can choose full sun, partial shade or total protection from rain or sun..."


SunSetter Retractable Awning は商品名なので大文字から始まるみたい。


"Now get three times the use of your deck with the adjustable, affordable SunSetter Awning. It makes your deck or patio like an additional room on your house!"


「get three times the use」は「3倍活用する」。私は~倍の times がうまく使えないので、これを覚えることにしましょう。get three times the use of your deck with the adjustable, affordable SunSetter Awning, と。


"Lets you enjoy your deck or patio rain or shine."

lets と s がついているのは、主語の「It(SunSetter Awning)」が省略されているから。
「SunSetter Awning があれば、デッキやパティオを雨の日も晴れの日も楽しめます」。



"Protects your family, guests and patio furniture from light showers, harsh sun and harmful UV rays far better than a tippy patio umbrella."

こちらも s つき。「家族やお客様、パティオのガーデンファニチャーを~から守ります」。

「light showers, harsh sun and harmful UV rays」は、こう言えばいいのね~と思いました。

英辞郎ではlight showerを「軽いにわか雨」としていますが、私は単に「にわか雨」でもいいのかな?と思います。
きつい陽射しも有害な紫外線もこれでシャットアウト!


"Expertly crafted in America for years of maintenance-free enjoyment."

こちらも主語が省略されていますが、受け身ですね。
(SunSetter Awning is) expertly crafted... 「アメリカの専門工場で製造されており、長期間お手入れ不要です」
テーマ:【TOEIC】
ジャンル:学問・文化・芸術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。