スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アテネ・フランセ - 2つめの英語学校
2006年11月10日 (金) | 編集 |
今日は、2つめに行った英語学校、アテネ・フランセについて書きます。私が通った5年前とはずいぶん様子が変わっているはずなので、思い出話+若干の学校情報として読んでください。

先回、実務翻訳の入門講座 - 最初の英語の学校で書いたように、英語の勉強を始めてすぐ通った翻訳学校で力のなさを痛感した私は、もっと英語そのものを勉強できる場所を探し始めました。

そして、どこで見つけたのか覚えていないのですが、東京の御茶の水にある「アテネ・フランセ」という学校にたどりついたのです。

アテネ・フランセのホームページ→ http://www.athenee.jp/index.html

アテネ・フランセは名前の通り、もともとフランス語の学校です。しかし、英語もたくさんのクラスがありました。ちょうど夏休みが始まる直前で、週5日毎日4時間、前期3週間・後期3週間というインテンシブ・コースの募集をしていました(現在も開講しているかは不明)。

すごいですよね、毎日4時間。朝9時から昼の1時まで、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングが各50分+休憩10分の1時間です。通い始めて最初の週が終わるころには、自分も周りのクラスメートも(1クラス20人強いました)、へとへとでした。

その夏、インテンシブコースはレベル別に4つか5つのクラスに分かれていました。私はレベルチェックの結果、レベル5と診断され、レベル5と6の合同クラスという一番上のクラスに入っていました。

先生はアメリカ人3人+日本人2人の計5人。各クラスの授業を交代で担当していたので、5人のうち4人の先生に担任してもらったわけです。ほぼ全員がアテネ・フランセで20年以上教えているベテランでした(うちアメリカ人の先生2人はその後、退職されました)。

あんなに濃密に英語を勉強したのは後にも先にもあの夏だけです。

ちょうど、今まで泳げなかった子どもが夏休みの水泳教室に通って毎日毎日ぶくぶくおぼれているうちに、夏の終わりにはなんとか泳げるようになったようなものだったと思います。

レベル6との合同クラスは最初、本当にきつくて、スピーキングの時間には大学生が過半を占める(今ではそんなことはきっとないでしょう)クラスメートの言っていることがわからなくて、先生に下のクラスに下げてほしいと頼んだほどでした。あのとき、「もう少しがんばれば大丈夫」といってくれた先生には感謝です。




さてさて、思い出話はこの程度にして、若干情報らしいことを書いておきます。

アテネ・フランセの特徴は、教師の学歴・資格が公表されていることです。
これは語学スクールではめずらしいことです。
以前は外国語あるいは第二言語として英語を教える教師の資格を持った先生が、私があの夏にならった先生方を含め多かったのですが、最近は単なる学士、修士の大学卒資格のみの人が増えました。とはいえ、まだまだしっかりした教師を採用しようとしているとは思うので、アテネ・フランセのウェブサイトで「英語教授名一覧」を見て、チェックしてください。"R.S.A.(英語教授資格取得)"、"Teaching English as a Foreign Language"などと書かれています。

インターネットでアテネ・フランセについて検索すると、クラスの人数の多さがしばしば指摘されています。これは定員という点では事実です。混んでいるところなら20人くらいになることもあると思います。でも、クラスによっては数名ということもありますから、検討しようかなと思う方は、事務に人数がどのくらいになりそうか問い合わせてください。

アテネはちょっと不思議な学校で、時代に取り残されたようなアカデミックな雰囲気がある場所です。建物は紫がかったピンク色に塗られて、階段の手すりは飴色の木製、地下の学生ホール(カフェテリアというよりは・・)には崖下(建物は駿河台の山の上に立っています)の緑が見える大きな窓、昔の大学のような木の大机と長イスがあって、そこでおしゃべりしたり、予習や復習をしたり、お弁当や隣のカフェのサンドイッチ(おいしいけど高い)をクラスメートと食べたり。

事務はこれまた大学のようにあまり効率的とは言えず、おまけにフランス語のほうが幅をきかせていて、英語は今ひとつ扱いがよくありません。

それでも、他とは違う英語の学校を探していてお茶の水まで通える方には、ぜひ一度、学校を見に行ってほしいと思います。

なお、教科書は市販のロングマンやケンブリッジなどかプリントです。英会話スクールのような学校発行の教科書を買わされることはありません。教科書のサンプルは全部ではありませんが、事務で見せてもらうことができます。

授業料は安い方に入ると思います。1年4期制で、各期が始まる前にその期の授業料を払い込みます。

ここまで読んでくださった方に最後に私のおすすめの先生を。。。Mr. Daniel Brogan。2年前に縁があって彼の授業を夏だけ受けましたが、クールさとインテリジェンスを兼ね備えたカッコイイ(私見です)先生でした。週1回火曜日の夜に2時間で3ヶ月23,600円。たぶん人数は多いと思いますが、この値段ならいいんじゃないかな~。あ、あと、根本先生、マック、トム、やめないでがんばってね・・・



★★★お知らせ★★★また今度いらっしゃるときの目印にお気に入りにご登録ください★★★ついでにカチカチカチッと応援クリックいただけますと、もうちょっとランキングで浮かびます★★★→→→ にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記
スポンサーサイト
テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
実務翻訳の入門講座 - 最初の英語の学校
2006年11月03日 (金) | 編集 |
今回書く学校TOEICには直接関係ありませんが、最初に行った英語学校なので紹介します。

最初の頃書きましたが、私が英語の勉強を始めたのは、ダンナの転勤で仕事をやめ、東京に引っ越したのがきっかけでした。

友人に影響されて翻訳を仕事にしたいと思い、引っ越し翌日からさっそく、あらかじめ資料を集めておいた翻訳学校の見学に出かけました。

いくつかまわった中で、溜池山王のILCという学校で当時、平日の午前に実務翻訳入門コースが開講されていて、都合がよかったのでそこに決めました。

今はこの時間帯のクラスは開講されていないようですが、同校のホームページを見ると、実務翻訳はいろいろなクラスがあります。

ILC国際語学センター東京校

運良くというか、クラスメートは私を入れてわずか3人。先生は私より少し年上の女性で、自分も現役の翻訳者でかつ、ILCでマネージャーと講師も勤めるという魅力的な方でした。

先生の言葉でもっとも印象的だったのは、ちまたによくある、英語ネイティブとのフリーカンバセーションのプライベートレッスンについて、「まったく意味ない!」と言い切っていたこと。その後、私はそういうプライベートレッスンを断続的に受けていますが、先生のおっしゃっていた「フリーカンバからは学べない」という意味はわかる気がします。英会話に慣れることはできるけど、知識を吸収するのは難しいかな。。。

この先生は私が半年のコースを終えた直後にやめられたので、今の授業がどんな風かはわからないのですが、私の時は、学校が作成したプリントテキストを基に、英日をメインに時々日英の翻訳をするという構成でした。毎週1回のクラスで、宿題がいくつか出ました。この宿題で、英英辞典を引くクセをつけることができました。これは私の英語生活の中でとても大きな出来事です。

そしてもう一つの大きな出来事は、「私の英語力は翻訳を学ぶにはまだ足りない」という結論にコース半ばで至ったことでした。入門コースは英検2級程度が受講目安だったのですが、はっきり言って、英検2級では翻訳の勉強はむずかしいと思います。

そして、4月半ばから行き始めたこの学校と平行して、7月から翻訳学校ではない、「英語の学校」に通い始めました。この学校、アテネフランセについては、また今度書きますね。



[おまけ]先生がフリーカンバセーションをするくらいなら、と紹介してくださった本がこのシリーズ。上級までやり通せば、会話にはまったく困らないとおっしゃっていました。

当時はまだ旧版の頃でしたので相当古くさい雰囲気、さらにCD別売りでかなり高かったのですが、最近改訂されてCD付きになり、リーズナブルかつおしゃれになりました。

[2006.11.18追記+お知らせ] 旧版(新訂版)の「アメリカ口語教本初級編」の中古テキスト1冊を送料込み300円で希望の方におゆずりします(2冊だぶったため)(テープ、CDはありません)。中古書店で買ったもので、前所有者の書き込みが若干あります。また、全体に少し紙ヤケがあります。
ご希望の方は、このページのコメント欄から「管理者にだけ表示を許可」にチェックを入れて、お名前とメールアドレスをお知らせください。折り返しご連絡いたします。

アメリカ口語教本・入門用(最新改訂版) アメリカ口語教本・入門用(最新改訂版)
W.L.クラーク (2006/10/06)
研究社

この商品の詳細を見る

アメリカ口語教本・初級用(最新改訂版) アメリカ口語教本・初級用(最新改訂版)
W.L.クラーク (2006/10/06)
研究社

この商品の詳細を見る

アメリカ口語教本・中級用(最新改訂版) アメリカ口語教本・中級用(最新改訂版)
W.L.クラーク (2006/10/19)
研究社

この商品の詳細を見る

アメリカ口語教本・上級用(最新改訂版) アメリカ口語教本・上級用(最新改訂版)
W.L.クラーク (2006/10/19)
研究社

この商品の詳細を見る
テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。