スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「TOEIC TEST文法 急所総攻撃」 - TOEIC本の2冊め
2006年11月27日 (月) | 編集 |
以前、TOEICと名前のついた本は2冊買っただけ、ということを「TOEICテスト入門」 - 最初の最初に「TOEIC」について勉強した本」で書きましたが、この本がその残り1冊です。

TOEIC TEST文法 急所総攻撃

TOEIC TEST文法 急所総攻撃
長本 吉斉 (1995/08)
明日香出版社

この商品の詳細をamazonで見る


アマゾンのレビューを見ると、出版から年数がたっていることもあり、42件もあります。ほめる人、けなす人、どちらも大勢いて、おもしろいです。レビューだけでも一読をおすすめ。 

私はといえば、けなす人の言い分はよくわかるけど、自分には役に立ったな、と思っています。

この本は話し言葉で書かれていて、その手の本が苦手な私は本屋で見かけても、最初は避けていました。
でも、私はTOEICの文法問題が苦手で、後半の長文と比較して、前半部分の失点を防ぐのがスコアアップに有効なのは明らかでした。

それであらためて本屋でTOEICの文法参考書をながめてみると、この本はけっしてわるくないな、と思ったのです。

アマゾンのレビューの中で、badcom (兵庫県神戸市)さんの2005/6/19付けレビュー「結局やらなきゃ意味がない」が私の感想にかなり近いので、そちらをゼヒ読んでいただきたいのですが、



  • 中身が少ない、だから早く終わる

  • その割にはポイントをついている


という2点が、挫折しやすいけれど、立派な本が好き(今でもそうです)でいつも失敗する私にはよかったようです。この本は最後まで終わり、かつ、苦手な部分はやり直しました。自分としては「ありえない」です。

どの参考書でも、やり終えれば必ず役に立つと思います。挫折しては、見て見ぬふりをしてため息をつくタイプの方には、特におすすめ。



★★★お知らせ★★★また今度いらっしゃるときの目印にお気に入りにご登録ください★★★ こちらにも英語ブログがいろいろあります。 にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記

 

スポンサーサイト
テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
「アメリカンスクールはどう英語を教えているか」
2006年11月23日 (木) | 編集 |
この本は英語を勉強し始めてしばらくした頃、近くの書店の語学コーナーで平積みになっていたのを買いました。

このタイトルに心を引かれること自体、どうしたら英語ができるようになるのか、日々悩んでいたのだと今さらながら思います。

筆者は中学校の英語教師です。日本人学校の教師として家族ともに赴任した、確かアジアの国だったと思いますが、そこで小学生の娘さんをアメリカンスクールに入れます。そこで彼女が英語を習得していく過程を記録したのがこの本です。

アメリカンスクールはどう英語を教えているか

アメリカンスクールはどう英語を教えているか
瀧沢 広人 (2001/03)
はまの出版

この商品の詳細をアマゾンで見る


アマゾンで見ると、筆者はこの本の出版前から英語授業法の本を出していて、もともと教師として教授法に強い関心を持っていたらしく、それがこの本を良くしているのだと思います。

たとえば、単語を習う順序は必ずしも時制に沿っていなくて、普段の暮らしでよく使う be 動詞の過去形 was がごく最初の頃に出てくるとか、結構な数の単語リストを宿題に出してハイペースで覚えさせるとか、実例がさし絵とともに語られます。

この本に書いてあることをそのまま、学校である程度英語を学んだ自分に応用できるかというとそうでもないのですが、勉強方法のヒントは得られると思いますし、一人の子どもが一つの言語を獲得していく様子が飾らず、研究レポートのように描写されていて、好感を持って読みました。

この本は結構売れたらしく、その後、似たような書名の本がたくさん出版されました。アマゾンのマーケットプレースで手ごろな値段で出品されています。興味があれば読んでみてください。
★★★お知らせ★★★また今度いらっしゃるときの目印にお気に入りにご登録ください★★★ こちらにも英語ブログがいろいろあります。 にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記
テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
「オフィスの英会話」 - 電話の英語はコワイです
2006年11月19日 (日) | 編集 |

英語の勉強を始めて2年目、ある会社で契約で働き始めました。


TOEICのスコアが800を超えて、でも、スコアほど英語ができるようになったと思えず、もんもんとしていたころです。
アテネ・フランセの友人が「もうこれくらいになったら英語を使う会社で勤めた方が伸びる」とアドバイスしてくれて、そうか、と決心したのでした(単純・・・)。


ところが、首尾よくそういう会社に入ったものの、客先から入る電話の英語さっぱりわかりません。。。考えてみれば、電話で英語を話したことはそれまでほとんどありませんでした。まして仕事となれば、相手は普通、急いで話します。最初の日は、会社から家に帰って、くやし泣きしました(ほんと、情けなくてつらかった)。


でも、会社の上司がだんだんなれるから、と寛大に励ましてくれたおかげで、なんとか続きました。客先もあまり大したことは私に言わなくなり(情けない・・・)、やり取りはメール中心になりました。


しかし、こんなことではいかん!(えらい、私)と、買ったのがこの本。


これで話せる!!オフィスの英会話


(↑紀伊国屋BookWebへのリンクです↓)


 


もう一冊、「秘書の英会話」というような本も買いましたが、こちらの方が私には合いました。


この本はA5版の小さい本ですが、会社で使う英語は一通りのっており、テーマごとに流れのある会話に構成されていました。


やっぱり、持って歩ける軽い本が一番ですね。最寄駅についてから始業までに30分ほど余裕があったので、カフェで読んだり、電車でCDを聞いたりしました。


例によって、しばらくすると飽きてしまいましたが、それでも役に立ったと思っています。


TOEICにも役立ちますよ。オフィスでの会話はリスニングに良く出てきます。ふだん、会社英語を使ったり、聞いたりする機会がない方、学生さんにおすすめ。将来、テスト以外でも役立つ可能性大です。


アマゾンでこの本を見たい方はこちらをクリックしてください。

これで話せる!!オフィスの英会話 / 信 達郎、井 洋次郎 他 



★★★お知らせ★★★また今度いらっしゃるときの目印にお気に入りにご登録ください★★★ こちらにも英語ブログがいろいろあります。 にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記

 

テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
マーク・ピーターセン 「日本人の英語」(岩波新書) - 読んで損はない本
2006年11月15日 (水) | 編集 |
今回は英語勉強界(?)では有名と思われる本の紹介です。


日本人の英語 日本人の英語
マーク ピーターセン (1988/04)
岩波書店

この商品の詳細を見る


1988年初版なのでもう20年近く前の本ですがまだ売れ続けているのは、いまだにここに書かれていることにつまづく英語学習者が多いということなのでしょう。

冠詞や前置詞、時制など、学校で習ったけれどしっかり理解できたとはなかなか思えない事柄について、例を挙げながら説明しています。

私は英語の勉強を始めてしばらくした頃に読みました。この本や他のいくつかの本のおかげで、冠詞の a, an, the, そして無冠詞の理解度はだいぶ上がったように思います。

著者のピーターセン氏はアメリカの大学院で近代日本文学を専攻した後に来日し、現在は明治大学政治経済学部の教授です。比較文学・文化の研究が専門なので、日本語と英語の違いに悩む日本人のポイントがわかるのかもしれません。

たくさん売れている本なので、アマゾンのマーケットプレイス(中古本)では100円以下で売られています(2006年11月14日現在)。送料(340円)を払っても新本より安いので、検討の価値あり。--->> アマゾンのマーケットプレイスに出品されている「日本人の英語」のリスト

★★★お知らせ★★★また今度いらっしゃるときの目印にお気に入りにご登録ください★★★
こちらにも英語ブログがいろいろあります。
にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記
テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
英英辞典を使う
2006年11月12日 (日) | 編集 |
英英辞典を使うといいよ、という話はいろいろな英語の本で見ます。

私の場合、英英辞典を使えるようになるまでには時間がかかりました。
それでも、使えるようになると、今は、言葉の意味、特に言葉の意味の範囲を知るには英英辞典が欠かせません。

私の最初の英英辞典は、学生時代に買った桐原書店のロングマンです。英英辞典を買ってみたくて(というところがかわいいというか甘いというか・・・)買いましたが、ほとんど使いませんでした、というか使えませんでした。

その後、就職してからやさしい英英辞典を1冊買いましたが、これもほとんど使いませんでした。ロングマンよりは書いてあることの意味はわかったのですが、使う機会がありませんでした。

そして、英語の勉強を再開した直後の今から5年前、今度こそ英英辞典を使って勉強するぞと決めて(翻訳学校でもやはり、英英辞典を使えと勧められたので・・・)、丸善で30分以上迷った末に買ったのがこの辞書です。

Cambridge Learner's Dictionary (Dictionary) Cambridge Learner's Dictionary (Dictionary) [CDなし]
Cambridge University Press (2004/01/26)
Cambridge Univ Pr (Txp)

この商品の詳細を見る



私が買ったのはこの第2版ではなくて第1版ですから、内容は変わっているはずですが、おそらく全体としての方針や傾向は保たれているのではと思います。

語義の説明に使われている単語が学習者向けによく選ばれていて、単語の意味を調べているのにその説明に使われている単語もわからない、という英英辞典によくある悩みは比較的少ないように思います。

ケンブリッジですからイギリスの辞書ですが、アメリカ英語、イギリス英語の両方を扱っています。私自身はアメリカ英語とかイギリス英語とかの区別に無とんちゃくな方なので、大したことは言えませんが。

なお、上で紹介したのは「CD-ROMなし」バージョンで紙の辞書のみですが、こちらはCD-ROM付属のものです。語義のほか、全掲載語の発音などが入っており、活用したい方はこちらを選ばれるとよいでしょう。

Cambridge Learner's Dictionary (Dictionary) Cambridge Learner's Dictionary (Dictionary) [CD付き]
(2004/02)
Cambridge Univ Pr (Txp)

この商品の詳細を見る



英英辞典だけに限ったことではありませんが、辞書は語の説明方法やレイアウト、例文の量や雰囲気など、その辞書ごとに違いがあります。これが一番というものはなかなか言えません。たとえば、色が豊富に使われているものを使いやすいと感じる人がいる一方で、2色刷り、あるいは単色刷りのほうがすっきりしていてよいと感じる人もいます。

近くの書店でいろいろ手にとって見られる方は、ぜひ自分で見て一冊手にして使ってください。電子辞書は便利ですが、紙の辞書の方が勉強には絶対役立つと私は信じています。

そして、もし身近で英英辞典を見る機会がなければ、アマゾンなどのネットショップを活用していろいろ試してください。返送代金はかかりますが、たとえばアマゾンなら返品は可能です。内容がわからないからとしり込みするより、手にしてから使うかどうか考えた方がずっといい、と私は思います。



★★★お知らせ★★★また今度いらっしゃるときの目印にお気に入りにご登録ください★★★
こちらにも英語ブログがいろいろあります。 にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記
テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。